ブログ

iMac21.5(Late2012)メモリー増設でけた!(`・ω・´)ゞ

iMac21.5メモリー交換

iMac21.5メモリー交換

愛機 iMacが最近ご機嫌斜め。
随分寒くなったというのにず〜っとファンが回りっぱなし。

8GBのメモリーは、動画を編集すると
たちまち1GBを切って、
あっという間に0になってフリーズ・・・
仕事になりません。

メモリー増設したいなあって思ったけど
この機種は増設できないそう。
お掃除もできない。

ウィンドウズのデスクトップパソコンなら
簡単にカパッと箱を開けて
お掃除できるでしょ?

iMacには、ネジ穴一つ見当たらない。

いったいどうやるんだ?と調べたら
強力な両面テープで接着されているらしく
自分で開けちゃった場合は、
その後 一切 アップルのサポートを
受けることができないとのこと。

オシャカにしてしまったら
自己責任。

でもね、このままじゃ仕事にならないし
お掃除のためにアップルに
持ち込んで何万円も取られるのもバカらしい。

先日 Macbook Air のキーボード修理に
4万円も取られたばかりだし。

ということで、意を決して
自分で掃除&メモリー交換に挑むことに!

用意した道具は▼
iMac21.5メモリー交換

8GBのメモリー×2枚
精密機器用ドライバー
ピンセット
ギターピック又は硬い会員カード又はピザカッター
両面テープ
バスタオル


メモリー交換にあたり
コチラの動画に大変お世話になりました。
これを見ながら作業を行えば間違えることもないかと思います。

この動画最強です!
説明がすっごくわかりやすいだけでなく
手がとても美しくって(笑) 結婚指輪がキラリ〜んと輝いていて
素敵なご家庭の旦那様なんだろうなあ?と
妄想しました (爆)

iMac21.5メモリー交換
ギターピックと、ピザカッターで ゴリゴリ。
液晶と本体部分を接続している両面テープを剥がしていきます。
この作業が一番しんどい・・・・

か弱い女子の手では1時間位かかりましたよん^^;

iMac21.5メモリー交換

ガバッと開いたところ。
ひえ〜。 ホコリだらけです。
特にファンの中はホコリがぎっしり詰まっています。
これじゃあ ファンが回りっぱなしなのも納得。

自分で開くことができない仕様だと
このホコリどうすることもできませんよね。

掃除できずに壊れたら
新しいの買ってね♪ってことでしょうか^^;

iMac21.5メモリー交換

随分きれいになりました(#^^#)

ではメモリーの交換に移ります。
このメモリー。
交換するように考えられてないので
めちゃくちゃ面倒な場所にあります。

iMac21.5メモリー交換
メモリーを交換するには ここまで解体する必要があります。
ブルブルブル・・・・(´・ω・`)

無事 メモリーは交換したものの
無事 もとに戻せるのかなあ?

iMac21.5メモリー交換
何とか 組み立ても終わり
じゃ〜ん 無事 電源が入りました!!

iMac21.5メモリー交換
どれどれ? メモリーはちゃんと増えてるかな?
よし 16GBになってる(`・ω・´)ゞ

我ながら よくやりました。
自分を褒めてあげたい!
ここまでの作業 慎重に進めたので
私は4時間くらいかかりました。

あれから数日経ってますが
両面テープが剥がれて液晶が外れることもなく
無事過ごしております。

メモリー増設のおかげで
作業がフリーズすることもなくなりました。

ただ16GBあるはずのメモリーが
パソコン立ち上げてすぐに10GB程になります。

6GBもいったい何が使っているのかが
謎であります・・・・

今回、iMac解体という大事をやってのけたので
ネジで開けることができるMacbook Airなんて
お手の物じゃないの?って
気が大きくなっている私です。

次なんかあったら 自分で治すぞ!

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る