ブログ

【イギリス旅行記 】「また帰ってくるね♪」と言いたくなるお宿 in コッツウォルズ(Cotswolds)

RooftreesB&B-in-Bourton-on-the-Water-Cotswold

今回の旅は、ホテルには宿泊せず全てB&Bにしようと決めていました。
価格がリーズナブルなのが魅力的ですが、それよりも
オーナーと触れ合えて楽しいかも?との期待からです。

コッツウォルズ(Cotswolds)のBourton-on-the-WaterにあるB&B
Rooftrees B&Bは、
ミスターパートナーという雑誌の「本当は教えたくないコッツウォルズのB&B」特集の中で見つけた 
小さな小さな記事のお宿だったけどなんかビビッときました。

ウェブサイトは、今時珍しく予約システムもなく
Email Usとだけ書かれています。

メールで予約したものの
私たちは「本当に予約できてるのか?」とちょっと不安になり、
先方も「この外国人 本当に来るのか?」とちょっと心配なご様子(笑)

慣れないレンタカーでオックスフォードから1時間。
おとぎの世界から飛び出したようなメルヘンなB&Bに到着しました。

オーナーのSylviaとSeanとのご対面♡
そこでは、一生忘れられない
とびっきり暖かいおもてなしが待っていました。

RooftreesB&B-in-Bourton-on-the-Water-Cotswold

RooftreesB&B-in-Bourton-on-the-Water-Cotswold
お部屋の扉を開けると、
Sylviaお手製のバニーがお出迎え。
ベッドカバーやクッションカバーも全てお手製。
あまりの可愛さに、ドアを開けた瞬間 わ〜っ♡と声をあげましたよ♪

とってもかわいいお部屋なのですが、ここは2階。
実は、この旅の序盤にお友達が怪我をしてしまい
松葉杖が必要な状態でした。

階段の登り降りが大変だろうということで
翌日1階のお部屋をご用意くださいました。

RooftreesB&B-in-Bourton-on-the-Water-Cotswold

ここでもまたカワイイお人形がお出迎え♪

私達のために、二部屋も用意してくださって申し訳ないので
ベッドメイキングをお手伝いしたら、
「あら、あなた上手いわね。夏の間、うちで働かない?」と
嬉しいオファー(笑)
ほんと、できることならそうしたかったです^^;

RooftreesB&B-in-Bourton-on-the-Water-Cotswold

そして、夜。
怪我をした状態で、レストランを探すのは大変。
ということで、無理を承知でディナーを用意していただけないかと
お願いしたところ、
こんな美味しいお料理を用意してくださいました。
RooftreesB&B-in-Bourton-on-the-Water-Cotswold

デザートまで!

そして、その日は夜遅くまで
SeanとSylviaと楽しい会話が弾みます。

次のページヘ続く

マイレージで行く女子旅
flower-line erikoアメリカAmazonを攻略!
【初心者にもやさしい個人輸入講座】Chapter1 Amazonアメリカ編から
アカウントの作成〜商品検索〜輸入までのステップを 図解で詳しく説明した動画&テキスト無料でプレゼントしています。
※更に特典あり。詳しくはコチラ



※内容をご確認後、チェックを入れてください。

※自動返信メールをお送りしております。届かない場合は、迷惑メールフォルダーをご確認ください。

flower-line
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る