ブログ

【イギリス旅行記 】ミュージカル Kinky Boots (キンキー・ブーツ)をロンドンで観て来ました。

kinky-boots

イギリスが舞台のキンキー・ブーツ。
本場 イギリス ロンドンで ミュージカルを観てきました。

ちょうど 日本でも三浦春馬さん主演で
ミュージカルが行われているみたいですね。

ミュージカルといえばブロードウェイというイメージでしたが
ロンドンの方が凄いと思うよという友人の言葉があって
はじめて 劇場が集まっているレスター・スクウェア辺りに行ってみたのですが
劇場の数が半端ないです。

ブロードウェイより沢山の劇場が
広範囲にあるんじゃないかな?(たぶん)

前準備を全くしていなかった私
何を観るか決めていなかったのですが
直感で「Aladdin(アラジン)」に決めました。

でも が〜ん。人気すぎてチケットが取れません。
この日 ロンドン滞在最終日だったため
諦めて 他のミューカルを観ることに。
それがキンキー・ブーツでした。

ロンドン在住の友人超おすすめのミュージカルで
音楽はシンディローパーの監修で数々の賞を受賞している
ミュージカルということで胸踊ります。

kinky-boots2
チケットは レスター・スクウェアにある
当日券を安くで販売している TKTSでゲット

kinky-boots3

1階で見えやすい良い席が35ポンドでゲット出来ました。
日本円で5000円弱。安いわ〜♪
ちょうどユーロ離脱でポンド安の時だったからだけど、ブロードウェイよりかなり安い印象。
劇場価格(定価)は59ポンドだったかな?

で、肝心の内容ですが、英語がわからなくっても
…私は何喋ってるかよくわからなかった(汗)

歌とダンスがメインなので
なんとなく雰囲気で楽しめます。

女装役の主人公 LORA 結構美人(と表現して良いのかな?)です。
足がとっても綺麗なんですよね。
薄い感想でごめんなさい・・・・

内容はこんな感じ↓

父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー(ジョエル・エドガートン)。工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会ったドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)からインスピレーションを得て、ドラッグクイーン用のセクシーなブーツを新商品として開発しようと思いつく。

ヤフー映画より

flower-line erikoアメリカAmazonを攻略!
【初心者にもやさしい個人輸入講座】Chapter1 Amazonアメリカ編から
アカウントの作成〜商品検索〜輸入までのステップを 図解で詳しく説明した動画&テキスト無料でプレゼントしています。
※更に特典あり。詳しくはコチラ



※内容をご確認後、チェックを入れてください。

※自動返信メールをお送りしております。届かない場合は、迷惑メールフォルダーをご確認ください。

flower-line
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る