ブログ

肉類の個人輸入・日本持ち込みは可能ですか?

肉類の輸入

欧米を旅していて感じるのは、
これだけ円高になっても、欧米の食事代は馬鹿高いなあってこと。

300円台で丼食べれたりする日本って凄い!
海外だと ちょっとしたファストフードでも
すぐ1000円超えします。

そこそこのレストランだと、
朝食から何千円も掛かることがしばしば。

でもスーパーはとっても安いと感じます。
外食=贅沢=高い?

特に、肉(ハム・ソーセージ)とチーズ・バター それからオリーブ!!
日本の何分の一の値段で買えます。
物によっては10倍くらい値段違うかも?

どんだけ関税かけてるのよ!って怒りすら覚えます。
日本の酪農家保護のためなのは理解できますが
少しは消費者の身にもなってほしい。

特にバターは、これだけ品薄なのだから
国も何とかしてほしいですね。

先日 ヨーロッパ旅行をした際
パリのシャルルドゴール空港の免税店で
とっても美味しそうなソーセージを見つけました。

肉類の日本への持ち込みは
病気を運ぶ可能性があるのでNGだと知っていましたが
免税店で売っているものは、動物検疫も済ませて
大丈夫だろうと勝手な思い込みで購入。

(ハワイの免税店で売っているビーフジャーキーなど
日本へ持込OKの肉類を買った経験があったので)

しかし無情にも、日本の税関で没収されてしまいました(涙)
職員さんが「免税店にクレーム入れてみてください」と
おっしゃったので、早速メールを送りました。

「あなたの国の法律のことはあなたがちゃんと把握しておかないと!」と
チクリの一言はあったものの、返金してくれるとのこと。

パスポートのコピーと没収されたという
証明書を送るように言われました。

何??没収された証明書なんてないなあ・・・・
税関に問い合わせて何か証明しもらうのも面倒だし。

ということで、とりあえずパスポートのコピーと
別送品の書類のコピー
(日本語。何となく証明書っぽい雰囲気w)
を送ってみました。

NGだったら、あらためて税関に証明してもらえるか
尋ねてみるつもりでしたが、あっさり返金OKでした。

めでたしめでたし。

☆経由地のフランクフルトの免税店でもソーセージ買おうとしたんですけど
そこでは、日本へは持ち込めませんよと教えてくれました。
ドイツは、日本の法律ちゃんと把握してくれてたんですね。

そうそう、こっそり税関抜けようと思わないでくださいね。
優秀な検察犬、ビーグル犬ちゃんたちに見つかっちゃいますよ。

☆因みにチーズは、日本に持込みOKです♡

flower-line erikoアメリカAmazonを攻略!
【初心者にもやさしい個人輸入講座】Chapter1 Amazonアメリカ編から
アカウントの作成〜商品検索〜輸入までのステップを 図解で詳しく説明した動画&テキスト無料でプレゼントしています。
※更に特典あり。詳しくはコチラ



※内容をご確認後、チェックを入れてください。

※自動返信メールをお送りしております。届かない場合は、迷惑メールフォルダーをご確認ください。

flower-line
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る