個人輸入&海外通販

  1. Vera Bradley (ヴェラ・ブラッドリー)のパソコンバッグを個人輸入

    お気に入りのブランドVera Bradleyお値段もお手頃で色鮮やかなところが大好きです♪日本では、浅田真央ちゃんが愛用していますね。海外遠征の時に、スーツケースと一緒にいつも持ってるなあなんて思いながらTVを観ていました。

    続きを読む
  2. ワインの輸入

    サンフランシスコからワインを個人輸入

    k&Lは日本にワインを直送してくれます。カリフォルニアのワインは如何ですか?お酒は酒税・関税が掛かるので、輸入されるならお高めのワインを個人輸入ギリギリの本数を注文されるのがおすすめです。

    続きを読む
  3. hawaii black Friday

    ◆Thanks Giving Day ◆Black Friday ◆Cyber Monday

    来月はサンクスギビングデーですね。毎年11月第4木曜日に催される感謝祭はたくさんの親族や友人が集まる大規模な食事会などもあり、家族団らんの日でもあります。この日は、ショップやレストランも早く閉まり、お休みだったりします。

    続きを読む
  4. paypal

    PAYPAL(ペイパル)-海外ネットショッピング決済に便利

    海外のサイトでの決済は、通常クレジットカード決済です。振込や代引きは使えません。でもクレジットカードを利用するのが不安な場合、PayPal (ペイパル)のアカウントを持っていると便利です。

    続きを読む
  5. cooking-meature

    レシピに必要な計量単位を海外の単位に自動変換

    英語のレシピで困るのが単位。1スプーンと言われても スプーンの大きさが違う(笑)1カップのカップも日本のと同じなのかな?と不安になります。ounceとかgallonとか脳がフリーズして計算してくれません。そんなとき便利なのがこのサイト。

    続きを読む
  6. クラシックの楽譜

    著作権の切れた楽譜を無料でダウンロードできるサイト

    友人から海外の楽譜の輸入を相談されたことが何度かあります。プロじゃないので詳しくわかりませんが、同じ曲のクラシックでも解釈によって弾き方、楽譜も違うのだそうです。それらの楽譜を日本で手に入れるのはとても高額なんだそう。

    続きを読む
  7. 英文の文法やスペルの間違えを自動で修正してくれるサイト

    最近は、オートコレクトで英単語を修正してくれるソフトが増えて便利になりました。スマートフォンのメッセージなどは、おせっかいすぎて意図しない単語に変換されることも多いですが。自動修正といえば 通常 単語のスペルミスと予測変換だけで、文法までは修正してくれません。

    続きを読む
  8. 住所を英語に変換してくれるサイト

    日本語の住所を英語に変換してくれるサイト

    JuDressは、郵便番号を入れると住所を英語に変換してくれる便利なサイトです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る