ブログ

iPhoneやMac間でのデータのやり取りに便利なAirDrop

airdrop

iPhone や Mac間で簡単にデータのやり取りができる AirDropをご存知ですか?

大きな動画ファイルなんかも一瞬で転送できます。

例えば 撮った写メを 側にいる iPhoneユーザーのお友達全員に
一瞬で配ることができます。

LINEやFacebook メッセンジャーだと
大きなファイルは縮小されて送信されることがあるみたいだけど
AirDropはそのままのデータが送信されるので
劣化の心配もなし♪

使い方は簡単。

iPhoneの場合
まず データを受ける人の AirDropが有効になってるかどうかを確認
(写真のやり取りなら、写真を受け取る側の人のことです。)

airdrop

Air Drop がONになってるかどうかを確認

airdrop

受信しない・連絡先のみ・側にいる人全員 

続いて送信者側
送るデータ(写真など)を選んで 送りたい相手をタップするだけで送信

受信者側に、データを受け取るか拒否するかのダイアログが表示されます。

airdrop

写真を選択してで送りたい相手をタップ

「タップしてAirDropで共有」欄には
側にいるAirdrop が使える人全てが表示されるので
知らない人をタップしないように気をつけてくださいね!

今日は、側にいるAirdropユーザーさん 私以外にお一人だったので
さほど緊張しないですが、沢山ズラッと並んでる時あって
間違えないように、間違えないように、、、って緊張します(笑)

日本のスマホユーザーにおけるiPhone 比率は 今や70%近いらしい・・・・。
iphone普及率

私は、マックユーザーなのですが、
自分のiPhoneとMacのパソコン間でのデータのやり取りでも
とても重宝しています。

以前は、
ノートパソコンのデータを一旦 Drop Box にアップロードして
デスクトップパソコンでダウンロードという手間なことをしてました。

もちろん Drop Boxは、クラウドにデータがあるので
いつでもどの機器からでもデータにアクセスできるという利点があるので
便利ですが、クラウドに保存する必要のないデータのやり取りだけなら
Air Drop が断然便利です♪

お試しください♪

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る