【ランディングページ研究部】始めました。一緒にランディングページ研究しませんか?詳細を見る

【個人輸入】海外限定品を狙う!

海外限定品を個人輸入
URLをコピーする
URLをコピーしました!

同じブランドでも 国によって販売商品を変えていること
ご存知ですか?

大雑把な傾向として

  • 日本で販売するものは、落ち着いた色合い
  • アメリカでは、バラエティに飛んだもの
  • イギリスでは、ちょっとチャレンジングなもの

が多く見受けられます。

↓プラダの例は、ちょっと上記の分析には当てはまらない感じですが
3つの国の現在のオススメ品と新着を比べてみました。

目次

プラダ国別おすすめの違い

日本のプラダ
日本のプラダおすすめ
アメリカンのプラダ
アメリカンのプラダおすすめ
イギリスのプラダ
イギリスのプラダおすすめ

プラダ国別新着の違い

日本のプラダ
日本のプラダ新着
アメリカンのプラダ
アメリカンのプラダ新着
イギリスのプラダ
イギリスのプラダ新着

その国の売れ筋に合わせて販売されているので、
このような違いが出ているのですが。

たまに、私のような「みんなと同じものは嫌だ!」
という人がいて、
そのような人たちは、少々お高くても
「海外限定」「日本未上陸」「US限定!」「USモデル」「日本未発売」
を好みます。

内外価格差があまりない商品でも、「日本で手に入らない」色柄
あれば、高く売れる場合がありますよ。
マニアのニーズに答えることができるのは、個人輸入だからこそです。
大手の会社では、そこまで細かい対応は、なかなかできません。

プラダのバッグはお高過ぎて、並行輸入販売には向きませんけど^^;

ブランド品を輸入するには?

ブランド品の多くは、日本の代理店を保護するため
直接売ってくれない場合が多いです。

ブランドによっては、海外のサイトを見れないように
していることも。

これらのブランド品の多くは、海外のデパートで買えば
直接日本に送って貰えます。

代表的なところをご紹介します。

■アメリカ
サックスフィフスアベニュー
https://www.saksfifthavenue.com
ニーマンマーカス
http://www.neimanmarcus.com

■イギリス
セルフリッジ
http://www.selfridges.com/

裏技をご紹介♪ 
欧米から輸入と言うと、アメリカに意識が向きがちですが、
アメリカとイギリス、同じ商品を見つけたら、今は、イギリスから輸入するほうが断然お得ですよ!

海外限定品を個人輸入

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる