ブログ

関税16666って何?

関税

☆∴..∴..∴..∴…∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
【16666って何?】
スマホでできる!個人輸入&旅ブログ
September 08,2016
☆∴..∴..∴..∴…∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
※この記事はメルマガで配信したものです。
メルマガのご登録はコチラからどうぞ

こんにちは!

突然ですが
16666って何の数字
だと思われますか?

ヒント
10,000÷60%=16,666
.
.
.
.
.
【解答】
関税がかからない商品の金額

taxfree
“個人消費”のための輸入
=”商売でない”場合

“課税対象価格”
10,000円までの商品は関税が免除されます。

【課税対象価格とは?】

安達
個人消費の場合
商品価格の60%が課税対象価格となります。

16,666円の60%は10,000円です。

つまり
購入金額が16,666円までの商品は
無税になります。

安達

ただし例外もあります。

革製品や、靴、ニット製品などは
課税価格が1万円以下であっても
関税等は免除されません。

特に革製の靴は関税が高いので要注意!

革靴の場合
3.4%~30%または
4300円/1足のうちいずれか高い方の
関税がかかります。


 

例:5000円の靴を購入した場合、4300円の関税がかかります。
安達

ちなみに
それだけ関税を支払っても
国内より安くで買える
革靴は沢山ありますよ。

※他にも関税の例外がありますが、代表的なものを例としてあげました。

【今日のポイント】
個人消費の場合、商品代金16,666円までは関税がかからない。

 
次回は、ビジネスで個人輸入する場合の関税
についてをお届けします。

ではまた!

マイレージで行く女子旅
flower-line erikoアメリカAmazonを攻略!
【初心者にもやさしい個人輸入講座】Chapter1 Amazonアメリカ編から
アカウントの作成〜商品検索〜輸入までのステップを 図解で詳しく説明した動画&テキスト無料でプレゼントしています。
※更に特典あり。詳しくはコチラ



※内容をご確認後、チェックを入れてください。

※自動返信メールをお送りしております。届かない場合は、迷惑メールフォルダーをご確認ください。

flower-line
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る